はじめに

Version 21.0.7913


はじめに

Version 21.0.7913


概要

ArcESB は、カスタムデータ統合フローを作成、実行、およびモニタするための一連のコネクタを提供するWeb アプリケーションです。Arc のビジュアルフローデザイナーは、マネージドファイル転送(MFT)、EDI メッセージング、API 管理、データ操作、およびバックエンド統合の統合プロセスを簡素化します。

Arc ワークフローはモジュラーです。エンドツーエンドの統合全体を処理したり、より大きなデータエコシステムの一部として特定のデータ管理機能を実行したりできます。

主要機能

  • マネージドファイル転送: AS2、AS4、SFTP、FTPS、FTP、OFTP、RNIF、SOAP などを含むセキュアなメッセージング機能。
  • データマッピング: データとEDI、EDIFACT、X12、IDoc (SAP)、CSV、JSON、XML などを含むファイル形式間のマッピングおよび変換。
  • REST ベースのAPI: SOAP、REST、HTML、RSS、ATOM、JSON、XLS、およびCSV といったシンプルな標準ベースのインターフェース経由でアクセス可能な管理。
  • フレキシブルなデプロイオプション: オンプレミス(Windows、Linux/Unix、macOS)またはクラウド内のどこにでもデプロイ可能な最新のWeb ベースアプリケーション。
  • ワークフローエンジン: Salesforce、MailChimp、Shopify、Google Apps、Dropbox、Microsoft Dynamics、NetSuite などのアプリケーション間のワークフローを簡単に構築および自動化。

はじめに

このセクションは、Arc のインストールおよび最初のフローのセットアップに関する入門ガイドです。一般的な統合の動画、ガイド、サンプルフローについては、Arc ナレッジベース を参照してください。

管理

以下を含むArc のセットアップガイドについては、管理 セクションを参照してください。

  • シンプルな設定とデプロイのための組み込みWeb サーバーの使用
  • IIS または外部Java Servlet コンテナでのサーバーのホスティング
  • エラーまたは重要なイベントが発生したときにユーザーに通知するアラートの設定
  • 可用性および/またはパフォーマンスのためのArc の複数インスタンスのクラスタリング
  • サーバーログ

フロー

フローはアプリケーションの中心であり、データを移動および操作するためのスケーラブルなワークフローを構築する柔軟な方法を提供します。Arc でのフローの作成に関する詳細については、フロー セクションを参照してください。

コネクタ

フローは一連のコネクタで構成されます。各コネクタは、Arc フローで次のいずれかのロールを実行します。

  • リモートサーバー、取引パートナー、データベース、およびアプリケーションに接続
  • ファイルを異なる形式に変換、またはファイル内のデータを操作
  • フローを介してファイルをルーティングし、アプリケーション、データベース、サーバーへの接続、およびデータ変換を行う複雑な分岐ロジカルプロセスを提供

Arc の特定のコネクタの詳細についてはコネクタ を参照してください。

スクリプト

Arc のコア機能は、アプリケーションに含まれているスクリプト機能であるArcScript で拡張できます。各コネクタ内でイベントベースのスクリプトが利用可能で、専用のスクリプトコネクタが完全にカスタマイズ可能な処理をサポートします。ArcScript でArc 機能を拡張する方法の詳細については、スクリプト セクションを参照してください。